• Profile

山﨑 裕子
YAMAZAKI YUKO

1977年千葉県市川市生まれ。
▶中学生から柔道部で大学も推薦で入るも中退
▶人の笑顔が好き、という思いでソムリエ5年続ける
▶接客経験を活かし、国際物流会社カスタマーサービスへ
▶東日本震災で、メンタル不調に。カウンセラーとの出会い
▶カウンセラーの資格を取り、ハローワークに転職
個人面談1200件、大学でのキャリア講座の開催
▶妊活して仕事を抑えたために、出産しても納得のいく就職先がない
▶今までの経験を活かし、「起業コンサルタント」として起業
商工会議所、企業内での講師実績
▶「家庭を守る女性の稼ぎ力を実現」する起業コンサルタントとして、
6か月で月商10倍にするコンサルティングを展開中

『子育て中でも家庭を大切にら、自分の好きなことでしっかりと稼ぎ、充実したライフスタイルを作りたい・・・・・』こんな想いから起業する女性たちの売り上げを、6か月で10倍にする起業の基盤コンサルタント。

自分自身の不妊治療、高齢出産から大好きな仕事を失った経験で、ライフイベントで左右されやすい日本の女性が、いつまでも自分らしく生きていくことができるように、起業の成功をサポートしてい想いから2018年から活動中。

重要なのは、小手先のマーケティング手法ではなく、『起業の基盤』が大切、という考え方を実践し、2021年、1年間でInstagramフォロワー1万人を達成。その直後開催した、Instagramミニセミナー が30名満席に。現在も、セミナーが様々な場所からのオファーが続いている。

対応している業種は様々。 ファッションコンサルタント、ガーデニングコンサルタント、カメラマン、恋愛相談コーチング、NLPコーチ、ファスティングコンサルタント、キャリアコンサルタントなど多岐にわたり、最短3か月でで、月商50万円の売り上げを上げる実績多数。

STORY

今でこそ、好きなことで仕事をしていくも、10代は、親の敷いたレールに沿って生きてしまい、息苦しかった毎日。泣いて暮らす。20代になり、『好きなことで生きる!』ことを決意し、スポーツ推薦で入った大学を中退。

『人の笑顔』が好き、、という理由だけで 、超就職氷河期だったころにフリーターで飲食店を渡り歩き、ひょんな出会いでワインが好きになり、『ワインエキスパート』の資格を取得。都内デパートをワインを売りながら働く。

20代後半、飲食店、販売業に一区切りをつけ、外資系の国際宅配便会社のカスタマーサービスでの接客にドはまりして、そのまま30歳にして、初めての正社員に。趣味を謳歌させ一足遅い青春(?)を満喫する。

30代半ば、東日本震災が起こり、親せきが亡くなる。それと同時に、それまで確執のあった親との問題が出るとともに、生きる気力もなくし、メンタル不全になる。当時、お勤め中での福利厚生で、カウンセリングを20回くらい受けることになる。

カウンセリング中、とても相性の良いカウンセラーとの出会いから、メンタルも回復する。『相談業はなんてすばらしい職業なんだ』という思いから、「キャリアコンサルタント」資格を取得。そのまま会社を辞め、36歳でハローワークでの大学生の就職支援の仕事に就く。同時に結婚。

自分が20代のころ、大学を中退し、さまよっていたことを思い出し、大学生の就職支援のサポートにのめりこむ。
しかしこのころから、結婚したために不妊治療を始めるも、うまくいかず。

鍼灸院の先生から『仕事にのめりこみすぎて、心に余裕がないと妊娠しづらいですよ。』というアドバイスもあり、2年で大学生の就職支援のお仕事を辞める。

そのまま半年がたち、人材会社のパート勤めをしながら、めでたく体外受精で妊娠。
けれど、40歳直前での出産になる予定を考えたときに、小さな子供を抱えて復帰することがとても難しいことに気が付く。

40歳の出産は、子供が小学生になることに復帰すればアラフィフで復帰。
子供が20歳で復帰することになれば、60歳で仕事に復帰(笑)

あまりにも非現実的な現実から脱出するべく、起業を決意。
現在に至る。

20代後半から、親にはむかい、波乱万丈の人生を歩みつつも、『人の笑顔』をみたくて仕事をしていきた結果が今にあると思います。
人生は常に、波乱万丈。けど、だからこそ現代のような混沌とした時代を生き抜く基礎が出来上がるのではないでしょうか。

何かに守られ、人生のチャレンジをせず、いつまでも自分の人生に自信が持てないまま、何となくたいくつな、満たされない時間が過ぎていくのなら、私は、こんな時代だからこそ、自分が精いっぱい努力して、充実できるように『起業』というツールを使い、人生を謳歌してほしいと、願わずにはいられないのです。